犬のお悩み

犬の首輪とハーネスの違いどっちが良い問題に結論!ハーネスにした2つの理由

犬は首輪?ハーネス派?どっち

この記事では、首輪にしようか?それともハーネス?どっちが良いのだろう?こんな風に悩んでらっしゃる方には一つの答えの出し方のきっかけになると思います♪ミルキーが実際に体験した話と私たちがなぜ?ある日突然首輪からメガネハーネスに変えたのか?をお伝えします!

ミルキー

そー言えば、わたしっていつの間にか首輪じゃなくなってメガネハーネスになってたね〜

ママ

そーよ、だってあんた大変だったんだからね〜

犬の首輪からハーネスに

ミルキーをお迎えする時に色々ネットで調べているとお迎え直後から首輪をつねに付けることを推奨されている記事が多かった、初散歩でいきなり首輪を付けるととても嫌がる犬が少なくない事が理由だ、首輪が付いている事に違和感を覚えない様に室内でも付けっぱなしにしましょう的な記事ですね。

その様な記事を参考にして最初に付けた首輪は上の写真ですがナイロン製の極小で軽いものを選びました。

犬の首輪のメリット

ミルキーの成長にあわせて首輪も変えていきました。こんな風にスワロが付いた革製の首輪にかえてオシャレにしてあげて、この首輪を室内でもずーと付けっぱなしにしていました。

犬のハーネスより首輪を選んだ理由

当時、ハーネスではなく首輪を選んだ理由は今思えば軽率でした。その理由は単に

可愛くないから!

犬服に合わない!

これが一番の理由でした。一般的に販売されているハーネスって犬に直接装着してそのまま散歩をさせるデザインなのでお腹まわりや背中部分の留め具のあたりのあて布部分がわりと広いのでその部分はチェック柄だったり様々なカラーやデザインが施されていますよね!

ですが、超小型犬で寒がりなミルキーは犬服が必須ですし、成長につれて私達も犬服選びが楽しくなりハーネスなんて犬服のデザイン殺しちゃうし絶対に嫌!かわいい首輪ないかなぁ〜フフーン〜って感じでした(汗)

ハーネスのサイズも合わない

たま〜に、ハーネスとリードのセットで可愛い商品を見つけて目についても1歳頃のミルキーは1.2キロだったので一般的に売ってるハーネスは大きくてサイズ感がぜんぜん合わない事もさらにハーネスを除外する理由になっていきました。

犬友さんにさんに聞いたことある話だとハーネスは適当に選ぶと怖いんですってね〜散歩中にハーネスが突如2回も抜けて心臓が止まるかと思った〜!

これって本当に事故のもとだよね(怖)

超小型犬はハーネス推奨

ミルキーが1歳をすぎた頃のある日、超小型犬やシニア犬はハーネスを使った方が良い!と書かれたネット記事が目につきました。理由は超小型犬でも若い頃はとくに活発ですよね!散歩など公園で飼い主を引っ張って飼い主さんが後ろから走って追っかけている事もしばし見かけます。

でも超小型犬なので当然首の筋肉や作りはもろい訳です。ちょっとした引っ張りや急な引っ張りが犬の首に負担をかけます。シニアに関しては呼吸器しかり、体全身の機能が低下しているので首輪よりもハーネスの方が負担が少ないとの事。

確かに!

犬の首輪で首吊り状態

なるほどねぇ〜ハーネスの方が超小型犬には優しいのかぁ〜などと記事を見ていたものの、この時はまだ、そこまで変える気もなくいつも通り首輪で散歩に出掛けていた時に事件はおきました。

突如、衝撃的な事が起きてミルキーが首吊り状態になってしまったのです!

それは広い歩道を歩いている時、20メートル先あたりのベンチに大型犬(アフガン・ハウンド)をつれた女性が座っていました。

ああfあふあ

うわっ

大型犬が苦手なミルキー!怖いみたいで大型犬には吠えてしまう事が多いので私も警戒してリードを短くして離れて通り過ぎようと準備していたら、案の定ミルキーが大型犬にむかってキャン!ワン!って吠えました。

するとその瞬間!大型犬が突然物凄い勢いでミルキー目掛けて10メートルくらいダッシュで突っ込んできました!!!!!

飼い主さんは普段その様な事はしない性格の犬だったためか?突然走り出したためリードを落としてしまったのです。物凄い勢いで突っ込んでくる大型犬に完全にフリーズ状態で固まって亀状態のミルキー

「噛まれる!」


って危険を感じとっさに私はリードを引っ張り円形に振り回しミルキーに突撃してきた大型犬の衝突を避け自分の体を地面にすべり込ませてミルキーを守りました。

大型犬の飼い主さんもびっくりして遅れること走って近寄り丁寧に謝ってくれました。結果的に噛まれたり突撃される事は無かったのですが、ミルキーは私が急にリードを引っ張り回したので完全に宙に浮き首吊り状態で振り回されてしまったのです。

犬の気管虚脱は恐ろしい

大型犬に突撃された日から2日後の夜にそれは突然おきました。首輪をしている事による慢性的な負担と先日の首吊り振り回し事件がキッカケになったのか?

ミルキーが夜中に突然ムクッと立ち上がり、咳き込む様な感じで?喉に詰まった様に

「カッカッ」「カッ」

とするんです、その後すぐに体を波うたせる様にウエーブさせながら苦しそうに

「ガーガー」「ガーガー」

と息がうまくできない様になってしまってガチョウの様な鳴き音を大きく出すんです!その姿を見た瞬間

え?呼吸ができてなさそう!

窒息しちゃうよ!と焦り

ミルキーの背中をさすったり一生懸命声をかけました。なんとか30秒くらいで正常に戻りましたがパパと二人して何だったの?今の?ってとってもくなりました。

ネットでもちろん即調べました。するとこの症状は「気管虚脱の症状」で小型犬に多い呼吸障害でした。ミルキーにおきた様に最初は夜寝ているときにまったく同じ事が起きる事が多いとネットの記事や動物病院のHPで沢山目にしました。

普通に恐ろしいと思ったのが、「ガーガー」とガチョウの鳴き声の様な音は息を吸い込んでいる時に出る音で酸素が通る器官がなんらかの理由で潰れてしまいその後、酸素を体に十分に取り入れられないので犬の気道を確保人工呼吸などをして潰れた器官を強制的に膨らませないと数分で

窒息死

してしまう恐ろしい病気でした。

解決策はメガネハーネス

この病気はトイプードルにマルチーズやチワワ、ヨークシャテリアなど「トイ種」と呼ばれる小型愛玩犬種全般に起こりやすい病気です。

一般社団法人ジャパン・ケネル・クラブでは26種類の犬を小型愛玩犬として定めています、家庭犬であって伴侶や愛玩目的の犬をさしています。

世界の犬(9G:愛玩犬)コンパニオン・ドッグ&トイ・ドッグ


解決策として首や器官に負担をかける首輪は完全にNGなので、即首輪を辞めました。次の日によく行く東京ミットタウンの中にある犬の専門店グリーンドッグさんに伺い気管虚脱にもっとも対策された商品で犬への負担(圧迫・重さ)が最も少ない設計・柔らかい皮で作られ安全安心な国産・さらに犬服とも相性がとても良いKazamaのメガネハーネスを即買いしました!

犬のハーネスのおすすめは?

Kazamaのメガネハーネスは犬の首や気道・気管など犬の負担を極限まで抑えてくれる商品で呼吸やパンティングの妨げに一切ならないので夏場は「熱中症対策」にも自然となります。また気管虚脱も防ぐ効果があります。

さらに犬の骨格や体型の特徴を理解した設計なのでハーネスが「抜ける」とかの心配は不要の安心構造ですよ♡

そしてデザインはシンプルでオシャレなんです♪ハーネスに必ず存在する犬の胸部分や背中部分の当て布がまったくないのも特徴で↓

柔らかい皮で職人さんが手作りで作っている商品です。留め具もしっかりしてますが全然ごっつくないので装着した後に犬服を着せてあげても一切違和感なしです。何より犬に負担がとても少ない優しい商品なのです♪

独自設計のメガネハーネス

ハーネスとリードを接続する金具「Dカン」は通常背中の所にあるのでどうしても、面積が大きい皮や当て布が必要でしたが、このKazamaのメガネハーネスは「Dカン」が首輪と同じ位置にあります。

なので犬服との相性も抜群で、さらに「Dカン」が中心部から左右に犬の動きにあわせて可動するように設計されているので急な引っ張りなどにも負担がとても少なく優しいですよ!

最近では中国製などの模造品が安価で出回って来ましたが、写真での見た目は似てても実際手にとって見ると作りが全然違うので私は愛犬の

安全性と商品の質がレベチ

なのでKazamaのメガネハーネス一択ですね♪楽天などでネット通販してるので、小型犬を飼われてたり、シニアの小型犬の方は負担が少ないメガネハーネスを選んであげるのはとってもおススメですよ♪

カラーバリエーションは10種類以上で季節の限定デザインとかも売り出したりしますよ♪

2キロ〜3キロの子はSSが良いと思います♡1.7キロのミルキーは3Sを使ってます♪3SとSSの間は3S+だよ!

本日はミルキーが首輪を辞めてハーネスに変えた本当の理由は気管虚脱防止と熱中症対策だった2つの理由をお伝えしました。

犬用suoクールリングXSサイズで熱中症対策!爆発的に売れている3つの理由【犬用suoクールリング】のわかりやすいまとめブログ!購入者だけが知ることが出来る犬用suoクールリングの「デメリット」やメリットを徹底的に公開しました!犬の【熱中症対策の盲点】も簡単に紹介...